catch-img

趣味が詰まった楽しい暮らし


住宅エリア:広島市安佐北区

間取り:3LDK

築年数:1年2か月


慣れ親しんだ郊外の街並み。30代のアクティブな二人が暮らしに選んだのは、緑豊かな広島市安佐北区エリアです。今回は、趣味を共有し合う居心地の良い暮らしを実現するMさんご夫婦のインテリアを伺ってみました。


土間のあるゆとりの空間


会話を楽しむMさんご夫婦。すっきりとしたローカウンターキッチンは、奥様が調理しやすく料理皿の受け渡しや会話もしやすい高さになっています。



旦那様が好きなアメリカンテイストのインテリア雑貨たち。ブラックカラーは、家具アイアンカラーとも相まってインダストリアルなかっこいい雰囲気にまとまっています。



映画好きのご夫婦がいつでも映画を楽しめるようにと設置したホームシアター。実は、後ろが窓になっていてスクリーンがシェードの役わりもはたしています。



ホワイトの人造大理石と、明るいトーンの木目調の化粧板は汚れが拭き取りやすく、お手入れが簡単な仕上がりになっています。



旦那様がDIYで作ったキッチンの壁面ラックで収納力アップ。食器や食材に余裕を持たせて置くと見せる収納にもなります。



リビングダイニングから続く直階段はお部屋のシンボル的な存在。吹き抜け構造は、上に居てもお互いの存在を確認できます。



玄関口の広々とした土間スペースは、靴を脱がなくても大型の荷物の出し入れができるのでラクちん!シンプルなディスプレイ用の椅子は、見た目もお洒落ですが、靴を履くときや買い物の荷物を一旦置く場所にもなり便利なアイテム。



大きな窓から日の光が入る明るいゲストルーム。趣味部屋も兼ねているので一人の時間もゆっくり過ごせる空間です。



2階にはシンプルで落ち着いたカラーと、最小限のインテリアで居心地の良い寝室。



直階段を上がると広がるフリースペース。暖かい日の光が部屋全体に届き、温かい季節には気持ちの良い外の風が吹き抜けます。


天気の良い日をウッドデッキで過ごす休日

Mさんご夫婦が住む自然豊かな安佐北区小河原エリアは、スーパーや公園、学校などがありバス一本で広島市街地に行くことができます。自然の中で伸び伸びと子育てができ、週末には、近くの森林公園や植物公園に家族で行く方も多いです。


旦那様の実家から歩いて5分ほどに位置するMさんご夫婦の家の周辺も、山々に囲まれていて季節の表情を楽しむことができるそう。特に季節を感じるとっておきの場所がウッドデッキスペース。ここでは、休日にハンモックを置いて夫婦でコーヒーや日光浴を楽しんだり、友達を呼んでBBQなどもされるとのこと。



アウトドア好きのMさん夫婦。外で日光浴をしながらのんびり夫婦の会話を楽しみます。



二階のリビングスペースは、自由きままな時間を過ごせる空間。天井から吊られたハンモックに揺られながらテレビを見るも良し、カウンターで好きな雑誌を読むも良し…ホームシアターで趣味の映画もここで楽しめます。



エントランスに広がる土間には、ヴィンテージ感漂うアイアンチェストを置いて靴やかさばりがちな郵便物などを収納しスッキリさせています。



キレイな淡い色合いが目を見はるポスターは、家具インテリア会社の「あづまや」の物。



入口に入って広がる土間空間にグリーンを置くことで、中に居ても外を感じることができます。


今回Mさんご夫婦のお家を取材して感じたことは、固定概念にとらわれることなくインテリアや暮らしを楽しむことは素敵だということ。室内にハンモック、土間空間に大きなグリーンなどアウトドア好きなご夫婦らしい室内にいても外を感じれるような自由なインテリア。自分達の好きが上手く取り入れられたお部屋って素敵ですね。


  どんなお部屋もおしゃれにリラックスできる部屋にかえる4つのコツ おしゃれでリラックスできるお部屋作りの4つのコツをご紹介します! オルラボ
  暮らしの新常識!ミレニアル世代が取り入れるファストインテリアで作る暮らし ファストフードやファストファッションのように低価格で多種多様な商品を取り扱うブランド,「ファストインテリア」。コスパ重視・カスタマイズ好きのミレニアル世代の暮らしにフィットするこの新常識についてご紹介します。 オルラボ