catch-img

5Gは暮らしにどんな影響があるの?5Gの可能性として考えられていること

2020年頃に日本での導入が噂されている「5G」。5Gとは、現在の通信規格4Gに次ぐ、次世代の通信規格です。「今のネットがちょっと速くなる程度でしょ?」と考えている方も多いかもしれません。しかし、通信速度が上がるということは、生活の様々な面において、現代の生活では考えられない大きな変革をもたらすと言われているのです。


5Gが生活にどのような変化をもたらすのか、そして暮らしにおいてどのような変化をもたらすのか、これから取り上げていきましょう。


目次[非表示]

  1. 1.5Gの速さ
  2. 2.生活における変化
    1. 2.1.IoT化の加速
    2. 2.2.レジのないお店が増える
    3. 2.3.AR、VRが発達
    4. 2.4.車が自動運転化?
  3. 3.5Gが暮らしに与える影響
    1. 3.1.物件の内見が劇的に変わる
    2. 3.2.駅近でなくても問題なくなる?
    3. 3.3.固定インターネットが消える?
  4. 4.5Gで危惧される健康への影響
  5. 5.まとめ


5Gの速さ


5Gは、現在の4G約100倍の速度で通信を行うことができると言われています。目安としては、「2時間の映画を3秒でダウンロードできる速さ」と言われています。また、その他の特徴として、低遅延であることや、たくさんの人が同時に接続しても繋がりにくい状況が起こらない多接続が挙げられています。


4Gでは、一度に大勢の人がインターネットを使用すると、速度が低下したり繋がりにくくなったりするなどの障害がありました。5Gは、そのような課題が克服されると言われているのです。


生活における変化


IoT化の加速

インターネットが高速・低遅延・多接続になると、IoT(モノのインターネット)の流れが必然的に加速すると言われています。現代でも、インターネットを経由して自宅の照明を操作するスマート照明や、鍵をかけるスマートロックなどが発売されていますが、5Gになるとほとんどの家電がインターネットに接続されることになり、スマートホーム化が急速に進むと言われています。


現時点ではまだそこまでスマート化されていない冷蔵庫や洗濯機などの生活家電が、インターネットに接続されるのは時間の問題かもしれません。世界中の人が世界のどこにいても自宅の家電を操作したり、状態を管理したりすることができる世の中がやってくるのです。


レジのないお店が増える

現在、米Amazonが試験的に展開している食料品店「Amazon Go(アマゾンゴー)」。入り口のゲートにスマートフォンをかざして入店し、店舗内の商品をカゴに入れて、レジを介さずそのまま外に出るだけで、スマートフォンに登録されている支払い方法で決済が完了しているというお店です。


4Gの世の中である現代、話題となっているSuicaやクイックペイ、PayPay、楽天Pay、Line Payなどの、レジで現金を出さずに決済が可能なキャッシュレス決済。5Gの時代になれば、レジでスマートフォンをかざすという動作が不要になるので、レジレス決済が当たり前になることでしょう。


AR、VRが発達

近年、ゲーム「ポケモンGO」などで一般にも広まってきているAR(拡張現実)や、専用のゴーグルをつけて仮想の世界を体験できるVR(仮想現実)において、インターネットの速度と遅延のなさはとても重要です。速度が遅いと、データを読み込んでいる途中でARやVRが止まり、実用的な体験ができません。


5Gの世の中では、世界中の人が回線の混雑を気にする事なくAR・VR体験ができるようになると言われています。スポーツ観戦やコンサート鑑賞などの体験型レジャーが5Gによって大幅に変わることはほぼ確実と言えるでしょう。


車が自動運転化?


高速・低遅延・多接続の5Gであれば、車の自動運転化が進むと言われています。歩行者や自転車の急な飛び出しや、渋滞情報など、急を要する自体に対応する必要がある車の自動運転化においてインターネットが低遅延になることは大きなメリット。遅延のあるインターネットを介した自動運転では命の危険が伴うからです。まだまだ技術的な課題が多い分野ですが、運転免許を持たなくても、さらにはマイカーを持たなくても、自動運転のレンタカーをスマートフォンで呼び寄せて乗車し、目的地で下車するだけという、今では信じられない世の中がやってくると言われているのです。


5Gが暮らしに与える影響


生活の様々な面を大きく変えると言われている5G。しかし、暮らしと5Gと言うと、さほど関係がないように感じるかもしれません。どのようなことが変わる可能性があるのでしょうか。


物件の内見が劇的に変わる

実際に内見に行くのが難しいような遠方の賃貸物件を探している時、5GによるVR体験ができるようになれば、遠くにいながら実際の物件の様子をかなり詳しく見ることができるようになるでしょう。部屋の広さや、窓からの眺望など、高速・低遅延の通信技術によって気になる点をかなり細かく見ることができるため、VR内見が一般化すれば、わざわざ遠方まで足を運ぶ必要がなくなります。


駅近でなくても問題なくなる?


5Gによる自動運転技術が一般化すれば、自宅まで自動運転で空いているレンタカーを呼び寄せて乗車し、そのまま駅や会社までレンタカーで行く、というような通勤が可能になります。これが一般化すれば、今まで「眺めや環境が最高だけど駅から遠いな」と諦めていた物件に住むことができるようになることでしょう。駅近であることにとらわれない人が増えれば、それまで人気のなかったエリアにも人が住むようになり、過疎化対策となる可能性もあります。


また、自動車免許が無くても車に乗れるということは、子ども達が自分たちだけで車に乗れるということ。学校や塾からの暗い夜道を歩いて帰らなくてもよくなるのです。


固定インターネットが消える?

携帯電話の普及によって、若い世代を中心に固定電話を持たない人が増えました。5Gによって大容量の高速インターネットが実現すると、携帯端末を持っていれば十分にインターネットができるようになり、モバイル通信の料金次第では固定インターネット回線は廃っていくことでしょう。


現代でも、ポケットWi-Fiや、回線不要の置くだけWi-Fiのような、携帯電波を利用したインターネットが広まっています。しかし、4Gの世の中では、これらの回線は場所や時間帯によっては携帯電話と同様不安定になっているのが現実。しかし、高速で安定している5Gになると、これらの課題が解決されるのです。


賃貸業界で現在人気の設備になっている「無料インターネット」も、モバイル回線でギガを気にせずに動画などを大量に見られる世の中が来てしまうと、その競争力を失ってしまう可能性もあります。


5Gで危惧される健康への影響

ここまで、5Gのメリットをまとめてきましたが、高速で大容量な5Gは4Gよりも強力な電磁波を放つため、人体への悪影響が懸念されています。昔から、人体に悪影響があると言われてきた電磁波。電磁場に対する厳しい規制があるベルギーでは、現在の5Gの電磁波の水準は危険と判断され、導入が見送られているのです。しかし、電磁場の人体への悪影響については諸説あり、よくわかっていないことも多いのが現実です。


まとめ


携帯電話が誕生した1G、メールによる通信が登場した2G、携帯電話でのインターネットが可能になった3G、スマートフォンによる本格的なインターネットを可能にした4G。いずれも、日常の風景を大きく変えた出来事と言えるのではないでしょうか。5Gの登場は、まさに生活全てを大きく変える一大イベントといっても過言ではありません。


.

スマートホームへの第一歩!照明をスマート化してみてわかったこと

鍵を閉め忘れても安心!スマートロックについて

窓辺をスマート化するアイテムについて

人気のスマートロック「SESAME mini」を使ってみてわかったこと