catch-img

家を買う前に知っておきたい火災保険と地震保険の違いとは


目次[非表示]

  1. 1.官民が一体となっている地震保険
  2. 2.地震での被害は地震保険だけがカバー
  3. 3.地震保険は単体では加入できない
  4. 4.加入率はあまり高くない


マイホームを建てる時、火災保険に加えて地震保険にも加入する方は多いことでしょう。2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、2018年の北海道胆振東部地震など、これだけ大規模な地震が頻繁に起こる現代日本で、地震保険のない状態で家を建てることは、保険なしの状態で車に乗るようなものだと言えるかもしれません。


地震大国・日本に置いて、今後切っても切れない存在となるであろう地震保険。その特徴や、保障される範囲について見ていきましょう。


官民が一体となっている地震保険


損害保険会社が補償内容や保険料などを各自で設定している火災保険とは異なり、地震保険は政府が関与している官民一体の保険です。このため、補償内容・保険料共に、どの損害保険会社で加入しても内容が一律となっています。地震保険に政府が関与している理由は、規模の大きな地震が起き、被害額が巨額になった際、個々の損害保険会社では対応できないことが予想されるためです。


地震での被害は地震保険だけがカバー


火災保険は、その名の通り、火災、落雷、破裂・爆発、風災、水災、雪災、雹災、外部からの落下・飛来、盗難などの事故が保険の対象となります。しかし、それはあくまでも「地震を原因としない場合」のみ。つまり、地震や火山噴火、津波が原因で発生した火災や破裂・爆発、水災は保障されないのです。


1995年の阪神・淡路大震災では、地震による火災が原因で、多くの家屋が焼失しました。また、2011年の東日本大震災の時、宮城県気仙沼市では津波が重油タンクを破壊して押し流したことにより、大規模な「津波火災」が発生しました。しかし、火災であってもこれは地震が原因となったもの。火災保険のみに加入している場合、全く保障されないのです。


火災などの事故は、当然通常時でも起こるものです。しかし、地震の際は大規模な火災が発生しやすく、それだけ自宅が火災に巻き込まれる可能性も高くなります。このような火災に備えるためには、地震保険に加入しておかなければなりません。


地震保険は単体では加入できない

地震保険は単体で加入することができず、火災保険とセットで加入する必要があります。地震保険の金額は、火災保険で設定した金額の30%〜50%の間と定められています。この額は、都道府県が定める4段階の地震発生リスクによって決まります。保障の範囲は火災保険と共通で、「建物のみ」、「家財のみ」、「建物と家財両方」に設定することが可能です。


加入率はあまり高くない

記事の冒頭でも書いたように、震度7を記録する大地震が頻繁に起こる国・日本。世界的に見てもその地震大国ぶりは顕著で、世界のマグニチュード6.0以上の地震の実に2割が日本付近で発生していると言われています。


また、日本には全国のいたるところに活火山があり、1991年の雲仙・普賢岳の大噴火の際には、火砕流によって多くの住宅が被害を受けました。このような状況にも関わらず、地震保険の付帯率(火災保険に付帯させている割合)は、全国平均で約63%(2017年)。約4割の人がまだ地震保険に加入していないのです。


しかし、度重なる大地震を経て、変化も起こっています。2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県では、2002年の地震保険の付帯率はわずか37.3%でしたが、東日本大震災発生後の2011年には81.1%と急速に加入率が上がり、2017年では実に86.3%となっています。


今後30年間の間に80%の確率で発生すると言われている、南海トラフの大地震。マグニチュード9クラスの揺れや、大規模な津波など、東日本大震災と同程度か、それ以上の深刻な被害が予測されています。


保険料が上がり、負担が増すことは確かに苦しいこと。しかし、日本に住んでいる限り、今後地震や津波の被害を全く受けないと言い切ることはできないでしょう。これからの時代は、地震保険に加入するのが当たり前の世の中になっていくことでしょう。


.

保険はなぜ必要なのか?保険の必要性について

マイホームを建てたら見直したい「保険」のこと

不動産購入に潜む災害リスク。損害を抑えるための保険や対策​​​​​​​

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.12.4/jquery.min.js"> $(function(){ $('a[href^=#]').click(function() { var speed = 400; var href= $(this).attr("href"); var target = $(href == "#" || href == "" ? 'html' : href); var headerHeight = 55; //固定ヘッダーの高さ var position = target.offset().top - headerHeight; //ターゲットの座標からヘッダの高さ分引く $('body,html').animate({scrollTop:position}, speed, 'swing'); return false; }); }); </script>