catch-img

最大収容人数は?ホームパーティーを開けるLDKの広さとは


目次[非表示]

  1. 1.人が食事を行うスペース
  2. 2.LDKの形状によって工夫が必要
    1. 2.1.LDKが縦長の場合
    2. 2.2.LDKが正方形に近い場合
  3. 3.立食パーティーならば倍の人数も可能?
  4. 4.工夫して楽しいパーティーライフを


誰しも、広いLDKのある家に住みたいと考えるもの。しかし、都市部では土地価格が高く、狭い一軒家やマンションに我慢して住んでいるという方も多いのではないでしょうか。LDKが狭く、なかなか大勢を呼んでホームパーティーを開くこともできない…と自分では思っていても、様々な工夫を凝らすことでホームパーティーを開催することはできるかもしれません。今回は、お部屋の広さとダイニングテーブルの広さから、どのような規模のホームパーティーを開くことができるのか考えていきましょう。


人が食事を行うスペース

食事会を兼ねたパーティーの場合、ダイニングテーブルで人が着席して食事をするスペースについて考慮しなければなりません。一般的に、大人1人が着席して食事をするためには、縦40cm×横60cmの広さが必要であると言われています。その広さを下回る狭さで食事をしてもらうことにして、より多くの人数を呼ぶことは不可能ではありません。しかし、今回は、広さに余裕を持って食事をすることを前提に考えていきます。


LDKの形状によって工夫が必要

LDKが広ければ、パーティーの収容人数は当然多くなります。しかし、そこまで広くない場合、LDKが縦長であるか、正方形に近い形であるかによって、それぞれ異なる工夫が必要になってきます。ここでは、LDKの広さがやや狭めの10畳(≒18㎡)という条件のもと、部屋の形が縦長か正方形に近いかでどのように異なるかを考えましょう。


ここでは、キッチンは壁付のI型で、部屋を最大限使える条件で考えます。また、食事用のテーブルとして幅90cm×長さ150cmのダイニングテーブル2つを用意していると仮定し、ソファーとテレビ、本棚1つという、最低限の家具・家電を置いていることにします。


LDKが縦長の場合


LDKが縦長の場合、2つあるダイニングテーブルを図のように縦長になるように並べます。オレンジ色の枠で示しているのは、上で取り上げた大人1人が着席して食事ができるスペースです。


2つ並べたテーブルの隅に4人ずつが寄り、中央部分に大皿の料理などや調味料を乗せるというレイアウトです。このように考えると、10畳の縦長の部屋で着席して食事をする場合は、合計8人程度までなら余裕を持ってパーティーを開くことができることがわかります。


LDKが正方形に近い場合


LDKが正方形に近い形の場合、ダイニングテーブルを図のように横に並べます。縦長の図と同じように、オレンジの枠は着席して食事をするのに必要なスペースを示しています。正方形のお部屋でも、8人程度であれば余裕を持って余裕を持ってパーティーを開くことができることがわかります。


立食パーティーならば倍の人数も可能?

ここまで考えてきたのは、パーティー参加者が「着席して」食事をとるケースです。バイキング形式の立食パーティーにすれば、ソファーなどにも座って食事をしてもらうことができるようになるため、倍の16名ほどであれば収容ができるでしょう。


今回の物理的な検証で、狭めのリビングでも、意外と大勢の人を呼ぶことができると感じられる方もいるのではないでしょうか。


10畳程度の狭めのLDKで頻繁にホームパーティーを開きたいと考える方は、極力家具・家電をシンプルにし、ダイニングテーブルを並べられるような環境づくりをしておくと、たくさんの人数を収容できることでしょう。今回は、ダイニングテーブルを2つ並べるという条件をつけましたが、普段からそんな広いダイニングテーブルは不要な方は、折りたたみ式で収納できるようなタイプのテーブルを選びましょう。


工夫して楽しいパーティーライフを


お部屋のレイアウトを工夫すれば、やや狭めなLDKでも、大人数を呼んで楽しいパーティーを開くことができます。LDKの家具を日頃からシンプルにしておけば、部屋も自然と広く見え、日常生活にも余裕が生まれることでしょう。限られた空間であっても工夫次第でパーティー仕様に変えることは十分可能なのです。


.

ダイニングテーブルはどれくらいの大きさが正解なのか​​​​​​​

関連記事

NEW

PICK UP