catch-img

緑も多く美しい城北エリアに位置するお洒落な『白島』

広島の街のシンボルの一つと言える広島城。その北に位置するのが「白島(はくしま)」エリアです。広島の三角州にある島のうち、広島の中心街の紙屋町(かみやちょう)、八丁堀(はっちょうぼり)と同じ島に位置し、南側に広島城を望むことができる、便利で景観の良い街です。


JR、アストラムライン、広島電鉄の駅がある


白島には、広島にある主要路線の駅が全て揃っています。古くからあるのは、広島電鉄白島線の「白島駅」。白島から中心部の八丁堀までを結ぶ路線です。白島から八丁堀までは走行距離が短いため、他のエリアの路面電車の料金よりも安い130円で利用できます(2019年6月現在)。八丁堀から他の路線に乗り換える場合は、差額の50円を支払えば乗り換えることができるようです。


近未来的な雰囲気の漂う新白島駅


1994年のアストラムラインの開通により、白島エリアには、「城北(じょうほく)」、「白島」の2つの駅が建設されました。さらに2015年、JRと乗り換え可能な新駅「新白島」が建設されました。これにより、白島エリアはJR、アストラムライン、広島電鉄の3つの路線を利用することが可能な場所になったのです。これらの路線を使えば、広島の中心部や、西、東、北、南方面へ電車で行くことができます。


商店やオフィスも多いが基本的に住宅街の白島


中心部に近いため、大通り沿いを中心に商店やオフィスも多い白島エリア。しかし、基本的にはマンションや戸建て住宅が多い住宅街となっています。街のほぼ中心部にある「フジ白島店」は、土地の高い白島にありながら40台の駐車場を構えた中規模スーパー。街のライフラインとして、住民に親しまれています。


ドラッグストア「ウォンツ白島店」


その他、コンビニも比較的たくさんあり、ドラッグストアや飲食店など、生活に便利な施設が揃っています。


川沿いには美しい緑

白島は、広島の北から流れる太田川から分かれた本川(ほんかわ)と猿猴川(えんこうがわ)に囲まれているエリアです。川沿いには樹木が植えられ、美しく整えられているので、散歩やジョギングなどにぴったりでしょう。かつて、「水の都」と称された広島ならではの美しい風景を楽しむことができます。


広島城など、珍しい景観を楽しむことができる


白島の南に位置する広島城。1945年の原子爆弾の投下によって倒壊・全焼したため、残念ながら現在のものは1958年以降に再建されたものです。天守閣には登れるようになっており(有料)、広島の紙屋町や八丁堀、白島などを一望することができます。天守閣などの建物はもちろん、堀の中や外側にはたくさんの木が植えられ、散歩やジョギングにぴったりのエリアとなっています。


吹き抜けやエスカレーターなどがある基町高校の内観


広島城の北側にある「広島市立基町高等学校(ひろしましりつもとまちこうとうがっこう)」は、1999年に建てられた新校舎が人気を呼んでいます。デザインは、京都駅や札幌ドームといった有名な建築物を手がけた原広司によるもの。校舎内にエスカレーターやエレベーターが設けられるなど、現代的でラグジュアリーな学校離れした校舎は、広島の中学生にも大人気。人気が高まったことによるかは不明ですが、現在では広島市内でも有力な進学校となっています。


2016年には、大ヒットアニメ映画「君の名は。」で主人公が通う学校のモデルとなるなど、アニメの主人公が通っている学校のモデルとしても頻繁に使用され、全国的に知名度が高まっています。アニメの熱心なファンが聖地巡礼と称してこの学校を訪れているようです。


広島逓信病院や広島市民病院が近く医療も充実

広島市の中心部である白島には、日本郵政株式会社が運営する「広島逓信病院」があり、隣接する基町には「広島市民病院」もあるため、病気や事故の際は安心だと言えます。また、街の中にも医院やクリニックが点在しているため、体調を崩した際は歩いて気軽に医療を受けることができるでしょう。


便利さ、美しさ、歴史の揃った街

広島城の北に位置し、古くから栄えてきた白島。現在もその美しさや通勤の便利さなどの理由から人気となっています。郊外のニュータウンなどの開発が後退し、都心回帰が進んでいると言われる21世紀。住みやすい白島の人気はますます高まっていくことでしょう。


.

今、横川が熱い!広島の住みやすい街『横川』の魅力

都心なのに家賃2万円代から!『中区十日市町』とは​​​​​​​

関連記事

NEW

PICK UP


MONTHLY RANKING

TODAY RANKING


CATEGORY