Original

一人暮らしに最適な間取りはどれ?4種類の間取りのポイント

地元から遠く離れた都市圏で新社会人となったり、大学に入学したりするタイミングで、親元を離れて一人暮らしを始めるとき、1Rや1K、1LDKなど、どのような間取りの物件に住むか迷ったことはありませんか?


予算を中心に考えるか、生活の快適さを考えるかで、選択肢は変わってくるでしょう。一人暮らしをする方が一般的に選ぶことの多い、「1R」、「1K」、「1DK」、「1LDK」の4種類の間取りについて、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。


1R


1R(ワンルーム)とは、居室とキッチンが一体化した間取りのことです。「1R」、「1K」、「1DK」、「1LDK」の中で、価格面で見ると家賃が一番安く設定されていることが多いタイプです。


1Rのメリット

価格が安い

アパート・マンションの立地や築年数にもよりますが、ワンルームの物件の家賃は基本的に5万円以内に設定されていることがほとんどです。しかし、東京都の山手線の内側など、極端に家賃が高くなっているエリアでは、ワンルームでありながらも家賃が7万円程度ということもあります。


しかし、キッチンと居室が分離した1Kは、ワンルームよりも相対的に1万円ほど家賃が高くなるようです。家賃を低く抑えて貯蓄するという人にとってはメリットを感じられるでしょう。


また、家賃が安いということは、初期費用も安く設定されていることも多いということです。敷金・礼金などが家賃2ヶ月分に設定されている場合、他の物件よりも家賃が安いとそれだけ初期費用が安くなります。気軽に借りられて、家賃が安いところが、ワンルームの最大のメリットと言えます。


1Rのデメリット

キッチンの匂いが寝室にこもる

ワンルームは、居室の壁部分にキッチンが設置されていることがほとんどです。そのため、ワンルームの部屋で料理をすると、部屋中にその匂いが充満します。通常の料理ならば数時間で匂いが消えるので、夕食を終えて眠る頃には匂いも消えている可能性もありますが、焼肉などをすると数日にわたって匂いが消えない可能性があります。


ユニットバス、室内洗濯機置場なしの物件が多い

占有面積が狭いことが多いワンルームは、お風呂がユニットバス(トイレ、洗面台、お風呂が一緒)だったり、洗濯機置き場がベランダだったりすることが多いと言われています。生活をする上で大きな支障はありませんが、ユニットバスという構造が窮屈だと感じたり、洗濯機を屋外に置くことによる劣化が気になったりする場合は、デメリットとなることでしょう。


1K


1Kとは、居室とキッチンが分離している物件です。多くの場合、キッチンと居室の間にドアや引き戸があります。キッチンと居室が別れている分、占有面積も1Rより広い物件が多いようです。


1Kのメリット

キッチンが別なので、料理の匂いが居室に漏れにくい

キッチンと居室が一体化しているワンルームとは異なり、間にドアや引き戸がある1Kは、料理の匂いが居室に漏れにくい構造になっています。焼肉などの匂いの強い料理を好む人は、ワンルームよりも1Kを選んだ方が良いかもしれません。


室内洗濯機置き場がある物件も多い

全ての物件がそうではないものの、占有面積が少し広くなったことで、室内洗濯機置き場がある物件が多いのが1Kの特徴です。ベランダに洗濯機を置くと、風雨によって洗濯機のプラスチックや機械部分が劣化しやすくなるというリスクがあります。洗濯機を室内に設置すれば、長期間にわたって使用することができるでしょう。


1DKや1LDKと比べると家賃はまだ安い

ワンルームと比較すると、家賃が割高に感じられる1Kですが、ワンルームよりも占有面積がわずかに広くなっただけの物件がほとんどのため、家賃もそれほど高くなりません。占有面積の広いワンルームよりも占有面積の狭い1Kの方が家賃が安いというケースもあります。部屋数が増える「1DK」や「1LDK」と比べると、家賃はそこまで高くなりません。


1Kのデメリット

ユニットバスの物件が多い

ワンルームと比較して占有面積がわずかに広くなるものの、「1Kでもユニットバス」という物件は多くあります。しかし、ワンルームに比べると、「バス・トイレ別」の物件の数は多くなります。


キッチンが狭い

ワンルームよりもわずかに広い占有面積の中で、居室とキッチンを分けるので、キッチンが狭い場合が多い1K。「玄関から居室に通じる、幅2m以下の狭い廊下がキッチンです」というスタイルの物件が多くあります。料理が大好きな人にとっては、いわば居室全体がキッチンとも言えるワンルームに比べると、若干窮屈に感じるかもしれません。


1DK


1DKとは、1KにD(ダイニング)のついた物件です。キッチンが一つの部屋となり、ダイニングテーブルなどを置いてそこで食事ができるようになっている物件のことです。


1DKのメリット

ダイニングがあるので、寝食のスペースを分けることができる

1DKを名乗るには、キッチン内に食事を取るスペース(ダイニング)がある必要があります(稀に、ダイニングと称しながらも1Kと大して変わらない物件もあるので要注意です)。食事をする部屋とベッドルームを分けることができるので、生活にゆとりが生まれることでしょう。


バス・トイレ別の物件が多くなる

占有面積が広くなる1DKは、バス・トイレ別の物件が多くなります。トイレとお風呂が別れている物件に住めば、ゆったりと入浴できるようになることでしょう。


キッチンが広くなる

キッチンが狭いことが多い1Kとは異なり、ダイニングスペースを設けられるようなDK(ダイニングキッチン)があることが前提となっている1DK。当然キッチンの面積が広がるので、料理の好きな方にとっては嬉しい間取りでしょう。


1DKのデメリット

1Rや1Kと比べて家賃が高い

占有面積が広くなる1DKは、占有面積の狭い1Rや1Kと比べると、どうしても家賃が割高になります。物件の立地によっては安くなっている場合もあるので、交通の便利さを選ぶか、部屋の広さを選ぶかを選択する必要があるでしょう。


1LDK


1LDK(とは、1DKにL(リビング)つまり居間が追加された物件のことです。キッチンのある部屋がより広くなり、テーブルやソファーなどを置くリビングのスペースがあります。


1LDKのメリット

広い

「大は小を兼ねる」という言葉の通り、1LDKは占有面積の広い物件が多い分、設置できる家具やインテリアも増え、家らしさが増すことでしょう。


バス・トイレ別の物件が多い

1R、1K、1DKと比較しても、バス・トイレ別の物件が多い1LDK。広い上に快適な生活が送れることでしょう。


1LDKのデメリット

家賃が高い

占有面積が最も狭いものでも25㎡を下回ることが少ない1LDKは、基本的に他のどのタイプよりも家賃が高く設定されています。立地条件や築年数にもよりますが、新社会人や学生にとっては高いハードルとなるでしょう。


家具を最小限に抑えれば部屋を広く見せられる

近年脚光を浴びている、必要最小限の物だけで暮らす「ミニマリスト」。1Rや1Kのような狭い物件に住む際、このミニマリストのように必要最低限の家具のみを置くようにすれば、占有面積の狭い部屋でも、その狭さを緩和できるかもしれません。


物件の内見に行った際に感じたスペースと、実際に家具を置いてからの生活スペースは異なります。必要最低限で、背の低い家具でお部屋をコーディネートするならば、部屋を広く感じることができるでしょう。

関連記事

NEW

PICK UP 住宅

PICK UP リフォーム

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY