Original

いつ建てる?家を建てるベストなタイミングとは

多くの方にとって、マイホームを建てることは人生最大のイベント。一般的な方がマイホームを買えば、ローンの返済は35年ほどになります。仮に、30歳の時に35年ローンで家を購入すれば、ローンを払い終えるのは65歳。40歳で購入すれば75歳。おそらく、退職して年金などで生活をしているころに払い終える計算です。


35年ローンで家を買う場合、完済年齢を考えると、家を買える時期は20代〜40代前半くらいまで。比較的に若い時期に家を買うかどうか決断しなければなりません。


ローン返済のことを考えると、20代後半〜30代前半がベスト


35年のローンを返済していくことを考えると、遅くとも30代前半までに家を買う決断をした方が良いと言えます。この先、日本の定年制度や年金制度がどのように変化するかは定かではありませんが、現在は60歳定年・65歳まで再雇用というのが一般的です。


20代のうちに決断するならば、再雇用の社員として働いている時期にローンを完済することができるため、年金のみの生活をしながら返済する期間がありません。仮に、35歳で決断した場合、完済年齢は70歳となるので、現在の制度が存続することを考えると、5年間は年金+αの家計からローンを支払う生活がある、ということになります。


現役を退き、収入が減った後もローンの支払いが続くと、生活が苦しくなってしまいます。そのため、ローン返済の側面から考えると、家を買うのにベストなタイミングは、30代前半までがベストだと言えます。


子どものことを考えると、小学校就学前か大きくなってから


今度は、子どものことを考えた時のベストなタイミングを考えたいと思います。子どものことを考えた場合、家を建てる最初のタイミングは、「小学校入学前」。近所の幼なじみたちと別の学校に通うことになると、子どもが寂しい思いをしてしまうことがあるからです。


ただ、小学校入学前といっても、生まれて間もない赤ちゃんを新築の家に住まわせるのは、新生児の健康面を考えるとリスクがあります。新築間も無い家は一般的にホルムアルデヒドの濃度が高いと言われ、新生児がアレルギーなどを引き起こす可能性があるためです。もし、新生児を新築に住まわせる場合は、ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質の発生を抑えた健康住宅を建てている建築会社を選びましょう。


また、子どもが成長してある程度成長してから家を建てるという方法もあります。中学や高校入学のタイミングで引っ越しをすれば、幼いころほど寂しさを感じない場合が多いでしょう。


しかし、日本の夫婦が初めて子どもを授かる平均年齢は、2014年の時点で女性は30.6歳、男性は32.5歳だと言われています。昭和の時代と比較すると、晩婚化と初産年齢の高齢化が著しいと言われている現代。ローンの面でベストなタイミングを考えた際のリミットである30代前半で家を建てようと考えると、仮に平均に近い30歳前後で出産した場合、両方の条件を満たす期間は5年程度しかありません。


子育てが安定してから(ある程度年齢を重ねてから)マイホームを、と考えている人は、マイホームの資金として頭金を積み立てておく必要があるでしょう。


消費税の引き上げ

2019年10月に予定されている消費税の引き上げ。マイホームのような大きな買い物を考えると、たった2%とは言い切れない多額の差が出てきます。しかし、この度の増税の際には、「次世代住宅ポイント制度」や軽減税率制度が実施されるため、増税後にエコ住宅やバリアフリーの住宅を建ててポイントをもらったり、税金を軽減してもらったりといったことが可能です。増税前と増税後どちらにマイホームを買うか、ポイントや制度などをよく吟味して考えましょう。

消費税増税後の新築・リフォームの味方! 次世代住宅ポイント制度

しかし、次世代住宅ポイント制度や軽減税率制度は、あくまでも消費増税による消費の冷え込み対策で行われるため、増税後ずっと続くものではありません。締め切りをよく調べて計画を建てましょう。


きちんと支払うことができるならばいつでも家は建てられる


ここまで、ローン返済、子ども、消費税の引き上げという3つの側面から、家を建てるタイミングを考えてきました。しかし、当然のことですが、ここで取り上げた年齢や時期に合致しなくても、支払う能力があれば家を建てることは可能です。たとえ50歳を超えていたとしても、まとまった貯金がある場合は、当然ローンの返済期間も短く済ませることができます。大切なのは、マイホームを持ちたいという希望を持つこと。世間の常識にとらわれず、ご自分のペースで支払い・返済計画を立てましょう。

関連記事

家づくりをご検討中の方、資金計画でお悩みの方、お気軽にご相談ください。
家づくりの無料相談会もやっています。

NEW

PICK UP 住宅

PICK UP 不動産売買

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY